団委員長  津久井 一茂

団代表者  津久井 一茂

TEL/FAX 029-243-0854

団連絡事務所  園部恵子 方

TEL/FAX 0296-78-4417

 

水戸第8団の歴史

ボーイスカウト水戸第8団、その前身は1951年(昭和26年)に発団した水戸第2団です。スカウト運動が更に発展拡大することを祈念して水戸第2団の創立40周年記念式典を挙行した平成3年10月に水戸第8団として分封(スカウト数、指導者数、財産等を対等に分割)し、幡谷祐一氏を育成会長に仰ぎ、竹本俊一氏を初代団委員長とし、加盟員数95名にて誕生しました。当水戸第8団は、令和3年で分封発団後30年目を迎えます。今や茨城県内でも加盟員数の一、二を競う団に発展しています。

当団が大きく発展したのは、人との融和の大切さを第一に考えて活動しており、指導者が子供(スカウト)達の一人ひとりをしっかり見つめ、その子の個性を伸ばす教育を行っていることが団内の暖かい雰囲気を醸し出し、良い伝統となり、地域社会に受け入れられ、信頼されていることによるものと考えます。

水戸第8団は26年度から友部昭男団委員長のもと新たな体制で活動を展開する事になりました。これを機会に幡谷定俊育成会長の下、団指導者、隊指導者はもとより育成会会員の皆様と一緒に水戸第8団をより充実、発展させ、スカウトのひとり一人が素晴らしい人生を送れる人間に成長するようさらに努力をしていきます。

2019年(令和元年度)から団委員長が津久井一茂団委員長に代わりました。皆様のご支援をお願いし更なる発展を目指します。